« 実は一年iii | トップページ | 研 »

2008.07.11

事件は2週間ほど前

普段通り散歩に行こうと家を出て階段を下りようとしたら、曲がってすぐに猫がいました。

先にあおがビクッしたのですが、その猫はママ猫で本当に小さく目が飛び出そうな生まれたての白い仔猫といたんです。

そのためママはあおをすぐに威嚇体勢…

私も危ない!と感じすぐあおを抱きかかえたその瞬間、『シャーッ!!!thunder』って私の膝くらいまで飛び掛ってきたのでした。

20080710101447 私も叫んで、あおは吠えまくっていました。

そして私たちを追い詰めるように寄ってくるので、通してと言ってそおっと通してもらいました。

けれど、ママたちはどうやらそこに住み着いていて、アパートの自転車置き場にあるバイクの足置きに2匹は重なるようによく寝ています。

毎日散歩に行くのも帰るのも憂鬱であおを抱えています。

2・3日前に仔猫がもう一匹いたのを発見しました。

早く何も危害を与えないと分って欲しいです。

あおは、怯えて猫を見ると犬の時と同様、遠くにいるのに歩けなくなります。

猫を飼っている知人に、こっちの方が強いと分らせるために怒った方がいいのか聞いたら、猫は犬と違ってそれでも立ち向かってくるから知らん振りするのが一番だと。。

けれど、楽しいはずの散歩が憂鬱なものになります。

最近猫についていませんdowndown

   一生感謝.COJI

|

« 実は一年iii | トップページ | 研 »

コメント

猫、特に母猫は難しいですよね。
子供を守るのに必死だから攻撃的ですimpact
(実はずい分前ですが、あいも母猫に引っ掻かれたことがあります。)
やっぱり、あおちゃんを守るために、そばを通る時は抱っこするしかないですね。
トラウマになってしまいそう・・・despair

投稿: やっこ | 2008.07.12 13:41

*やっこさん*

本当に怖いですよね。
私も怖いです。
だからせめて私は怖くないって態度をきちんと見せてあおを安心させようと思います!

投稿: COJI | 2008.07.14 08:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1041122/22222189

この記事へのトラックバック一覧です: 事件は2週間ほど前:

« 実は一年iii | トップページ | 研 »